引っ越し 天候

引っ越しと天候

引っ越し 天候

 

引っ越しの当日、とんでもない悪天候だったらどうなるのでしょうか?

 

日本は元々、梅雨や秋雨の時期は長雨になることが多いですから、引越し業者は雨の引越しも慣れています。
普段の量の雨や雪で引っ越しを中止にすることはまずありません。

 

家財はカバーをかけたり、濡れてもこまめに拭いたり、家の中に防水シートを敷いたり、靴下の替えを多めに持っていくなどするそうです。

 

しかし近年多い、大型の台風や記録的大雪の時は依頼者やスタッフの命にかかわる問題なので中止や延期もありえます。
安全を軽視して引っ越しをすると事故につながるためどうするか慎重になります。

 

引越しの1週間前くらいからは、週間天気予報で台風や大雪の情報を見るようにしてください。

 

もし引越し当日と台風の進路予想がばっちり当たった場合は、速やかに引越し業者に連絡して対応を協議しましょう。

 

引っ越し時間の変更、延期、中止、様子を見て決行など対応はケースバイケースですが、どちらかの意見では決められません。

 

引越しの前日と当日のキャンセルにはキャンセル料がかかることもあるので、時間に余裕を持って連絡を入れておきましょう。