引っ越し 準備 いつから

引っ越し準備はいつから始める?安く引越する方法とは

引越し 時期

引越し 相場

引越し 見積もり

引越し 比較

引越し 価格

 

引越し準備はすることが沢山ありすぎて、一体何から手を付ければいいのかわからなくなりますね。
しかし面倒だからといって準備を先送りにすると、余計な費用がかかるってご存知ですか?

 

・世間の人が「引越ししたい!」と思う日は仕事を休まなくていい日、つまり土日祝日が多いです。
・朝から引越し作業をして、夜には終わらせたいということで、午前中が人気です。
・また家賃がもったいないから、月末に引越しする人が多いのです。
・さらに引越しは大安じゃなきゃ!という人も少なくありません。

 

要約すると、月末の土日祝日で午前中、大安の日は引越しの予約が多いということになります。

 

あなたはどれかに当たりませんか?

 

予約が多いということは、安くて条件の良い引越し業者からどんどん埋まっていきます。
面倒だからと見積もりを先送りするほど、費用が高めで条件の良くない引越し業者が残ってしまうことに。
その結果思っていたより高かったということになるのです。

 

引越し先の住所が決まった時点で、引越し業者一括見積もりサイトで見積もり請求しておきましょう。

 

引越し 業者

 

一度情報を入力するだけで、複数の引越し業者からまとめて見積もりを取ることが出来ます。
利用料は無料で、便利なサービスですから賢くご活用ください。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越しの準備

 

引越し 準備

 

引越しが決まったらまず管理会社や大家さんに伝えましょう。

 

そして新居をなるべく早く見つけてください。
引越し業者に見積もりを取るのは、新居が決まった後すぐがオススメです。

 

なぜかというと新居の階数やエレベーターの有無などの情報がなければ、正確な引越しの金額を出すことができないからです。

 

荷物は早めに梱包していきましょう。普段からあまり使わないものや季節外れの洋服などから梱包するのがいいですよ。
ダンボールは重くなりすぎないように注意して、何が入っているかわかるようにしておくと便利です。

 

そして不用品はできるだけ引越し前に処分しておきましょう。
荷物が多ければ多いほど、引越し料金が高くなるのでいらないものは計画的に処分してくださいね。

 

市外へ引越しする方は「転出届」を市町村役場に出します。これは引越し2週間前から提出できます。
ついでに国民健康保険や国民年金、児童手当など役所関係のものがあれば、住所変更について必要なものがないか聞いておくと無駄がありませんね。

 

電気・ガス・水道は引越し日までは前の住所で使えるようにしてもらい、費用を日割りで精算してもらうように手配しましょう。
支払いの方法は各会社で異なりますので、詳しいことは電話で確認してください。
同じ市内での引越しなら、引越し日から新居で使えるようにしてもらってくださいね。

 

最寄りの郵便局に行って引越し日からは新居に荷物を転送してもらう手配をしましょう。
1年間は転送してくれるので、その間に引越しした新住所を知り合いや必要な所に伝えてくださいね。

 

引越し当日は家具や家電の配置を引越し業者に指示します。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものなどは自分で運ぶようにしましょう。
うっかり破損してしまった場合、保険で元通りになるものではありませんから自分管理にしておきましょう。

 

引越し日から2週間以内に市内引越しなら「転居届」を、市外引越しなら「転入届」を提出してください。
これで選挙など役所からのお知らせが届きます。

 

運転免許証やパスポートなどの身分証明書になるものや、各種の保険・銀行カード・クレジットカードなどの住所変更手続きを行ってくださいね。
これでだいたいの引越しが終わりです。

 

 

引越しのオプション

 

引越し オプション

 

引越し業者には別に料金がかかる「有料オプション」というサービスが存在します。
一体どんなことをしてくれるものなのでしょうか?

 

有料のオプションサービスには以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

引越しにおける「あると便利なサービス」だということが分かりますね。

 

依頼が一番多いオプションサービスが、エアコンの移設なのだそうです。

 

エアコンは高価な家電なので自分で買ったものなら新居にも持って行きたいと思うのは当たり前ですが、移設に手間とお金がかかります。
電気屋に取り外してもらい、引越し屋に運んでもらい、電気屋に取り付けてもらう必要があります。

 

その面倒な作業を有料オプションで引越し業者に依頼しておけば、エアコンの移設を代わりに手配してくれます。
自分でやってもいいのですが、費用もさほど変わらないのであればオプションを依頼したほうがはるかに楽です。

 

車の陸送も運転が得意な人ばかりではないのです。
もちろん自分で運べたらいいのですが、仕事が忙しい・高速道路の運転が苦手・長距離を走る体力がない・小さな子がいるなどの理由で自分で運べない人も多くいます。

 

それが引越し業者に依頼できるのであれば嬉しいですね。

 

このように一部の人にはとても便利な事柄がオプションサービスとなっているのです。

 

 

引越し料金は、比べると安くなります

引っ越しのダンボール

 

引っ越し料金は比べることで費用がかなり抑えられます。

 

また不用品もちょっとずつ処分しておけば費用がかかりませんが、とりあえず新居に持って行ってから処分しようなんて思っているとその分トラックが大きくなるので費用がかかるのです。

 

引越し費用を格安にするには、早めに準備しておくことが大切なのです。

 

 

レンタカーでの引越し

 

引越し業者 レンタカー

 

もしかしたらレンタカーのトラックを借りて自力で荷物を運べば、引越し費用が安くなるのでは?
誰しも一度は頭をよぎりますが、実際はどうなのでしょう?

 

まず普通免許で借りることのできるトラックは2t未満になりますから、レンタルできるのは1tトラックか1.5tトラックか軽トラックのいずれかになります。

 

荷台のサイズはだいたい以下のとおりです。

 

・1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
・1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
・軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

どれを選ぶかは運ぶ荷物の量と、新居までの距離にもよります。
ほかに運ぶものがないとか新居が近いので何度か往復できるなら、小回りの利く軽トラックがオススメです。

 

費用はどのトラックもだいたい1日7000円から借りることができますが、ほかに使った分のガソリン代が必要です。

 

それと荷物が多い場合は、引越しを手伝ってくれる人が必要ですから、その人への謝礼やお茶代、お弁当代なども計算にいれておきましょう。

 

一番の問題となるのが運ぶ距離で、遠距離であれば往復の交通費やガソリン代がかかるため、もしかしたら家財便のほうが安いかもしれません。
もちろんレンタカーは借りた営業所と違う営業所に返却することも可能ですが、その場合は結構高額な手数料がかかります。

 

トラックをレンタルしての引越しは、近距離の場合にしておきましょう。

 

 

引越しと粗大ゴミ

 

引越し 粗大ゴミ

 

長年放置されたままの家具や壊れた家電はありませんか?

 

一辺が50cm以上、もしくは重さが10kg以上あるものは粗大ゴミです。
電子レンジ・ガスコンロ・石油ファンヒーター・石油ストーブは大きさに関わらず粗大ゴミです。

 

粗大ゴミを捨てる前に、家電リサイクルで定められた家電ではないか確認しましょう。

 

家電リサイクル法で定められた家電というのはエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクルが必要です。

 

このとき、リサイクル料がかかります。
もし家電を買ったお店が近くない場合やすでに廃業している場合、買い替えを検討していない場合など困った時は、お住いの自治体の粗大ゴミ処理センターに相談してみましょう。

 

では、ほかの粗大ゴミはどうやって廃棄すればいいのでしょう?
廃棄する方法はA:回収に来てもらう(有料)、B:自分で持って行く(無料)という2つの方法があります。

 

Aの方法は、まず粗大ゴミ処理施設に電話をして回収してもらえる日を予約します。
その後、コンビニやスーパーで販売している粗大ごみシールを買います。

 

このシールを粗大ごみに貼って、指定の時間に指定場所に置いておけば回収業者が回収に来てくれます。
シールは回収手数料なので、粗大ごみ1個につき1枚必要です。

 

Bの自分で持って行く場合でも、まずは粗大ごみ処理施設電話で予約します。
捨てたい物の名前を聞かれますので、言い忘れのないように先にメモを作っておきましょう。

 

あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
身分証を確認後、車の計量、粗大ごみを廃棄したのち、再び車の計量をして廃棄された粗大ごみの量を計算します。
100kgを超える場合は手数料がかかることがあります。
この場合はごみシールは必要ありません。

 

引越しは粗大ゴミを処分するチャンスなので、面倒ではありますがスッキリしましょう。

 

 

 

長距離の引越しを最も安くする方法

 

長距離の引っ越し

 

引越しの中でも1番お金がかかるのが、長距離の引越しです。
引越し料金は荷物の量、引越し距離、物件の階数、不用品の処理などのオプションによって決まります。

 

なかでも引越しの距離は、かなり大きな割合を占めています。
長距離の引越しは、長距離を運転するスタッフの人件費やガソリン代も高くなるので当然ですね。

 

でも出来るだけ安く引越ししたい!
それなら引越し一括見積もりがおすすめです。

 

 

同じ条件で複数の引越し業者から見積もりを取ることができます。
長距離の引越しであれば見積もりにも幅があると思いますので、比べて選んだほうがお得です。

 

賢く活用してくださいね。